アフターケアは?

サイズ直しができるかどうか

結婚指輪を購入する際は、指輪のデザインや値段などばかりでなく、アフターケアがいかに充実しているかということも重要な決め手になるものです。結婚指輪は長く使っていくものであるため、どうしても経年劣化していってしまうものです。値段は安くても、アフターケアがしっかりしていなかったりすると、結局高くついてしまうということもあるので注意が必要です。 たとえば、指輪のサイズ直しができるかどうかは大切です。時を経ることによって、指輪が劣化するだけでなく指輪を付ける人の体型も変化していくものですよね。若いころは付けられたものも、年をとってサイズが合わなくなってしまったということもよくあることです。指輪のデザインなどによっては、サイズ直しができなかったりすることもあるので、購入時によくチェックしておく必要があります。

いろいろなアフターケアサービス

とりわけ指輪の劣化というのは、見栄えも悪くなってしまうので、できれば避けたいものです。しかし日常使いをすることが多い結婚指輪は、家事のとき、仕事のときなど、折々に付けて傷をつけてしまうということもよくあることです。アフターケアでは、こうした指輪の傷直しをしてくれるところもあったりします。毎日付けていることによる小さな傷については、指輪の磨き直しによって目立たなくすることが可能です。 また、強い力が加わることで歪んでしまった指輪を直すことも可能です。それから、指輪の表面に付着した油分を取り除くなどのケアをしてくれたりもします。これらはどれも軽度の損傷、軽度の湾曲などのケースに限られ、程度が酷いと交換するということにもなりかねないので、小さな傷を見つけたりしたらすぐにアフターケアをしてもらうように心がけましょう。